一芸に秀でるものは多芸に通ず

右脳教育

「一芸に秀でるものは多芸に通ず」って

ことわざを聞いたことがありますか?

 

何か一つのことに秀でていたら

いろんなことが出来るようになるということです。

 

野球の大谷選手や将棋の藤井七段等

素晴らしい業績をその分野で残している人たちは

その分野のこと以外にも素晴らしい才能を発揮しています。

 

インタビューの受け答えだけでも

本当にまだ10代や20代前半とは

思えないような喋り方ですよね~

 

私が右脳教育の勉強をしていて

面白いなあと思っているのは

脳の汎化作用というものです。

 

汎化作用というのは図のように

脳の一つの分野を伸ばすと

他の分野も伸びてくるというものなのです。

この図では見る力を伸ばすと

他の記憶や感性、思考なども

伸びてくるという表現になっていますが、

 

そろばんなら計算力をどんどん伸ばしていくことで

他の暗記力や思考力、理解力などを

同時に引き上げていこうと考えているのです。

 

脳ってすごいと思いませんか?

 

ですから何でもいいので一つのことに熱中して

その力を伸ばすと他の能力まで上がってくるのです。

 

そろばんで計算力を極めれば

他の力も同時に上がってくるわけです^^

 

みなさんもワクワクしませんか?

 

子どもたちには何か一つに熱中して欲しいですね~

 

 

 

無料体験実施中!教室見学も随時募集中です!

お電話一本で無料体験が受講できます。お子様の隠れた才能が覚醒するかもしれません。是非お気軽にお電話ください。

お問い合わせへ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧