フラッシュ暗算とそろばんの相乗効果で右脳を鍛えよう!!

そろばんだけでも右脳は鍛えられますがフラッシュ暗算を併用することで格段に効果が上がります。
なぜならそろばん脳(頭の中にそろばんが入っているかのような脳)にするためにはフラッシュ暗算が一番効果があるからです。
そろばん脳が出来上がると一生もののスキルになります。是非チャレンジしてみましょう。

  • HOME
  • フラッシュ暗算とは

どんな人でも暗算力を上達させることのできる画期的なプログラム


フラッシュ暗算とは、コンピュータの画面にフラッシュ式で出題される数字の問題を珠算式暗算を使って計算するものです。
最近ではテレビなどマスコミ関係にも多く紹介されるようになり、一般の方にも知られるようになりました。

一般的にはランダムに数字が出題され、それをただ計算するもののように思われていますが、本当のフラッシュ暗算は、20年以上の研究を重ね、そのデータを元にどのような問題が頭にイメージしやすいかを難易度別に分け出題させることができ、練習者の暗算力を育てることができるものです。

つまりフラッシュ暗算とは、初心者から上級者までの全ての練習者においての暗算力を上達させることのできる画期的なプログラムなのです。

珠算式暗算


珠算式暗算は、そろばんの玉をイメージ化して、頭の中に浮かべます。そして、それを実際のそろばんと同じように動かして計算をするのです。
この玉をイメージする場所は、右脳の後頭部のところにつくられます。

この場所は、子供の時にしかつくることができませんが、1度できると、その場所は生涯にわたって存在していつでも使うことができるのです。

 

筆算式暗算は左脳、珠算式暗算は右脳を使います

今までの大脳生理学では、すべての計算は左脳で行われていると考えられていました。しかし、日本医科大学の品川教授の発見により、珠算式の暗算だけが右脳で計算していることがわかり、世界中の研究者を驚かせました。

さて、実際の状況ですが、現在、私達と同じグループの西区の教室では小学3年生と1年生が6段、別の3年生が4段までクリアしています。

6段の小学1年生の動画をご覧ください


同じグループの愛宕教室の1年生です。
6段の問題はこんな感じです。かなり難しいですよね!!

数字が出た瞬間に答えがイメージとして出てこないとできません。考えていたら間に合わないわけで、直観的能力が必要です。
この生徒たちは頭の中でそろばんが動いている状態です。

小学生であれば、年齢に関係なく能力が発揮できるところが、おもしろいところでもあります。
いや、低学年の方が大きく伸びると言っていいでしょう。
年長~1年生くらいから始めるのが、ちょうどいいかもしれません。
複数の生徒がいるということは、誰にでも可能性があるということだと思います。

フラッシュ暗算はピコのお勧めでもあります。
ぜひ、ご検討ください。

級は20級から10段までの30段階あります。


最初は簡単な足し算からですので、少しそろばんを経験すれば、受講することは可能です。

暗算力を強化するためには、有効な手段ですので、ぜひ、ご検討ください。

練習は検定と同じ形式の問題も行っています。

暗算力をつけるのが、当塾の目的でもありますので、積極的に利用していきたいといます。