ピコのそろばんとは?

  • HOME
  • ピコのそろばんとは?

今迄のそろばん塾とはまったく異なる将来の勉強や仕事に活かす塾

当そろばん教室の一番の目的は、最強の右脳教育であるそろばんを通して、右脳の働きを活発にして将来の勉強や仕事に活かすことです。そろばんは、計算力だけでなく、集中力、思考力、判断力、直観力、イメージする力、想像力、記憶力、忍耐力などさまざまな力を伸ばすことがわかってきています。

今迄のそろばん塾は有段者を育てるために、コンマ数秒を競うコンクールに参加したり、ただ純粋にそろばんを極めることが目標とされたりしていました。ピコでは、生徒に対し個別指導で関わることにより、今までのそろばん教室では置いてきぼりになってしまうようなお子様や幼いお子様に対して、そろばんを楽しみながら右脳を発達させることを目標にしています。そして発達した右脳を今後どのように勉強や仕事に役立てるのかを考えてご支援していきます。

そろばん脳、受験脳を育てるために・・・

週2回の学習で珠算・暗算2級以上を取ることを目標

そろばん塾ピコでは、年長(年中)から小学校4年生までに、週2回の学習で珠算・暗算2級以上を取ることを目標としています。そんなに高い目標ではありません。他の習い事もしながら、取り組めることも大切であると考えるからです。また、脳の発達には、小さい時の取り組みが最も有効であると考えられています。

週2回の学習で珠算・暗算2級以上を取ることで勉強や仕事などの実生活で活用できるスキルになる

もちろん、もっと高い級・段位をめざしている人もたくさんいます。ピコではフラッシュ暗算・また暗算にも力を入れています。いくらそろばんができても、暗算ができないと受験・学習・生活また将来の仕事等には全く役にたたないと言っても過言ではありません。

珠算の学習と同時に暗算の力をしっかりと伸ばしていきます。ご希望があれば、年中からおとな(脳の訓練)まで学習することができます。
幼児からそろばんの学習を始めた生徒さんは、計算ができるので、1年生の学習は、簡単にできてしまいます。

だから、思考力を育てる学習に力を入れることができます

1年生に入るまでに、ある程度、計算、暗算ができると絶対にお得です!幼児期からのそろばんの学習をお勧めします。

そろばん塾ピコでは、珠算のみならず、そろばん脳をつくる大切な訓練、暗算力の育成にも力を入れています。

そろばん塾ピコでは、
・珠算・暗算・フラッシュ暗算が学習できます。
・4級までの珠算・暗算検定試験が、毎月当校で受けられます。
・3級以上は、日商検定を受けます。
・また、全国のそろばん塾ピコは、日本フラッシュ暗算検定協会の検定実施教室です。20級から10段までのフラッシュ暗算検定試験を当校で受けることができます。